租税法令の読み方・書き方講座

著者 青木 丈
ジャンル 単行本 > 税法・税務 > 租税法・税制(法令集・通達集含む)
出版年月日 2018/04/10
ISBN 9784419065188
Cコード 3032
判型・ページ数 A5・240ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
税理士として民間登用され、法制執務に従事した著者の経験を基に、税理士及び学生向けに租税法令の読み方・法的文章の作成力が身に付くよう丁寧に解説。

【著者紹介】
青木 丈(あおき たけし)
現職 香川大学法学部教授
千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了 博士(政策研究)
2001年 税理士登録(東京税理士会)
2009年11月から2013年1月まで,内閣府本府行政刷新会議事務局上席政策調査員,
総務省行政管理局企画調整課企画官等を歴任
2017年4月より現職

第1章 日本国憲法の意義
 第1節 日本国憲法とは何か(総論)
 第2節 納税の義務・租税法律主義・租税公平主義の意義

第2章 法令の形式(法律・命令等)
 第1節 法律,政省令,通達等
 第2節 パブリック・コメント(意見公募手続)

第3章 法令の仕組みと法令用語のルール等
 第1節 租税法の構成
 第2節 法令の種類と構造
 第3節 条文等の引用方法
 第4節 法令における用字,用語等の表記の基準
 第5節 法令用語の例

第4章 租税法令にまつわる雑学講座
 第1節 一般的な立法過程の概観
 第2節 税制改正の流れ~2つの税調と2つの大綱
 第3節 租税法条文の平易化~昭和38年の税調答申から
 第4節 罰則の意義
 第5節 租税優遇措置の意義
 第6節 租税関係法令の相関
 第7節 租税行政に係わる行政法
 第8節 国税庁の組織と任務
 第9節 補論~引用文献等の表記方法

SHOPPING ご注文

2,400円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

  • facebook

  • 税経通信定期購読

  • 自費出版

  • 税務経理協会のスマートフォン学習アプリ

  • 「経理・財務」研究学会

  • 実践簿記入門

  • febe

  • 出版梓会

  • タックスゲート

  • マーケティングビジネス実務検定

  • 会計ファイナンシャル検定

  • 貿易実務検定