民法への招待[第5版]

著者 池田 真朗
ジャンル 単行本 > 法律 > 民法
出版年月日 2018/04/15
ISBN 9784419065324
Cコード 3032
判型・ページ数 4-6・292ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
今回は、2020年4月1日に施行される債権法分野を中心とする民法大改正を取り込んだ。新民法の全体像がこの1冊でわかる。現代語化に関与した著者がわかりやすく説明。各種大学校・研修機関のテキストとして最適。
 第5版はしがき
 初版はしがき

第1章 ガイダンス
 Ⅰ 開講ベルの鳴る前に
 Ⅱ 読者へのメッセージ
 Ⅲ 学習の準備
  1 民法学習に入る精神的準備
  2 民法学習に入る物的準備
 Ⅳ 民法の対象範囲
 Ⅴ 民法典の概観
  1 民法典の構成
  2 物権と債権
  3 民法典の成立と沿革
 Ⅵ 法体系の中の民法の位置づけ
  1 私法の基本法としての民法
  2 一般法と特別法
 Ⅶ 民法の特徴―意思自治(私的自治)の原則
  1 意思自治の原則と契約自由の原則
  2 任意規定と強行規定
 Ⅷ 小括―民法の学習の考え方

第2章 民法総則
 Ⅰ 民法総則の性質と学習の順序
 Ⅱ 民法総則の学習にあたって
  1 民法総則のポイントと学習の手順
  2 民法総則の最初の規定
 Ⅲ 民法総則の重点学習
  1 意思表示と法律行為
   ⑴ 意思表示  ⑵ 法律行為  ⑶ 公序良俗違反の法律行為
  2 制限行為能力者の保護
   ⑴ 意思能力と行為能力  ⑵ 制限行為能力者  ⑶ 制限行為能力者の保護
  3 問題のある意思表示
   ⑴ 序説  ⑵ 詐欺・強迫による意思表示  ⑶ 錯誤による意思表示  ⑷ 心裡留保  ⑸ 通謀虚偽表示
  4 代理・無権代理・表見代理
   ⑴ 意思自治と代理制度  ⑵ 法定代理と任意代理  ⑶ 無権代理と表見代理
  5 無効と取消し
  6 条件・期限
   ⑴ 序説  ⑵ 条件  ⑶ 期限
  7 時  効
   ⑴ 消滅時効と取得時効  ⑵ 時効期間の計算  ⑶ 時効の更新と完成猶予  ⑷ 時効の援用と放棄  ⑸ 時効制度の存在意義
  8 法  人
   ⑴ 序説  ⑵ 社団法人と財団法人  ⑶ 一般社団法人と一般財団法人  ⑷ 法人の機関  ⑸ 法人の設立主義  ⑹ 法人の不法行為  ⑺ 法人学説  ⑻ 権利能力なき社団と中間法人
  9 住所・失踪
   ⑴ 住所  ⑵ 失踪(不在者の財産管理)

第3章 物権法⑴―物権法総論
 Ⅰ 物権法の概観
  1 資産としての「物」と物権
  2 物権の定義と物権法定主義
  3 物権の種類
   ⑴ 所有権  ⑵ 所有権以外の制限物権  ⑶ 用益物権  ⑷ 担保物権  ⑸ 占有権
  4 物権法総論と担保物権法の比較
 Ⅱ 物権法総論の重点学習
  1 物権的請求権
  2 物権変動
   ⑴ 公示の原則  ⑵ 対抗要件主義  ⑶ 対抗問題  ⑷ 不動産物権変動の対抗要件  ⑸ 動産物権変動の対抗要件  ⑹ 動産における占有と即時取得
  3 所有権
   ⑴ 所有権の意義と内容  ⑵ 相隣関係  ⑶ 所有権の取得  ⑷ 共有  ⑸ 建物の区分所有
  4 所有権以外の用益物権
   ⑴ 地上権  ⑵ 永小作権  ⑶ 地役権  ⑷ 入会権
  5 占有権
   ⑴ 序説  ⑵ 占有の成立  ⑶ 占有の態様  ⑷ 占有権の取得  ⑸ 占有の効果

第4章 債権法⑴―契約法
 Ⅰ 債権法の概観
  1 人に対する権利としての債権
  2 資産としての債権
  3 債権法の構成と学習の順序
 Ⅱ 契約総論の重点学習
  1 契約の成立
   ⑴ 契約の定義  ⑵ 債権契約  ⑶ 契約の部分の規定の意味
  2 契約の分類
   ⑴ 典型契約と非典型契約  ⑵ 諾成契約と要物契約,要式契約  ⑶ 双務契約と片務契約  ⑷ 有償契約と無償契約
  3 契約の効力
   ⑴ 契約の有効性  ⑵ 拘束力と相対効  ⑶ 同時履行の抗弁  ⑷ 危険負担  ⑸ 第三者のためにする契約
  4 債務不履行と契約の解除
   ⑴ 債務不履行の種類  ⑵ 損害賠償  ⑶ 契約の解除
  5 定型約款
 Ⅲ 契約各論の重点学習
  1 売買契約
   ⑴ 総説  ⑵ 売買の予約  ⑶ 手付  ⑷ 契約不適合責任
  2 贈与契約
   ⑴ 総説  ⑵ 特殊の贈与
  3 賃貸借契約
   ⑴ 総説  ⑵ 賃借人の義務と賃貸人の義務  ⑶ 借地人・借家人の保護
  4 使用貸借契約
  5 消費貸借契約
  6 請負契約
   ⑴ 総説  ⑵ 担保責任  ⑶ 解除
  7 委任契約
   ⑴ 総説  ⑵ 委任者の義務(受任者の権利)
  8 寄託契約
  9 組合契約
  10 その他の典型契約
  11 消費者保護とクーリング・オフ
   ⑴ クーリング・オフの制度  ⑵ 消費者契約法の成立

第5章 債権法⑵―不法行為法
 Ⅰ 契約以外の債権発生原因
 Ⅱ 不法行為の重点学習
  1 不法行為とは
  2 不法行為の損害賠償の発想
  3 不法行為の成立要件
   ⑴ 故意・過失  ⑵ 違法性  ⑶ 損害の発生  ⑷ 因果関係  ⑸ 責任能力
  4 不法行為の効果
   ⑴ 金銭賠償の原則  ⑵ 損害賠償の範囲  ⑶ 過失相殺
  5 特殊の不法行為
   ⑴ 総説  ⑵ 責任無能力者の監督者の責任  ⑶ 使用者責任  ⑷ 共同不法行為  ⑸ 動物占有者の責任  ⑹ 土地工作物責任
  6 不法行為に関するその他の規定
  7 自動車損害賠償保障法
  8 製造物責任法
 Ⅲ 事務管理と不当利得の重点学習
  1 事務管理
   ⑴ 意義  ⑵ 成立要件と効果
  2 不当利得
   ⑴ 意義  ⑵ 成立要件  ⑶ 効果  ⑷ 不当利得の例外

第6章 債権法⑶―債権総論
 Ⅰ 債権総論の概観
  1 債権総論の内容
  2 債権の基本的な性質
  3 債権総論の規定の意義―取引実務上の重要性
 Ⅱ 債権総論の重点学習
  1 債権の種類
   ⑴ 特定物債権  ⑵ 種類債権  ⑶ 金銭債権と法定利率  ⑷ 元本債権と利息債権  ⑸ 選択債権
  2 債務不履行
   ⑴ 債務の強制履行  ⑵ 債務不履行の損害賠償  ⑶ 債権者の受領遅滞
  3 債権者の権能(責任財産の保全)
   ⑴ 責任財産の保全とは  ⑵ 債権者代位権  ⑶ 詐害行為取消権
  4 多数当事者の債権関係
   ⑴ 多数当事者関係を学ぶポイント  ⑵ 分割債権・分割債務  ⑶ 不可分債権・不可分債務  ⑷ 連帯債務  ⑸ 保証債務
  5 債権譲渡
   ⑴ 総説  ⑵ 譲渡制限特約の効力と債権譲渡の有効性  ⑶ 将来債権譲渡の有効性  ⑷ 債権譲渡の対抗要件  ⑸ 確定日付と二重譲渡  ⑹ 債権譲渡登記  ⑺ 債権譲渡と債務者の抗弁  ⑻ 電子記録債権  ⑼ 債務引受と契約譲渡(契約上の地位の移転)
  6 債権の消滅
   ⑴ 総説  ⑵ 弁済  ⑶ 代物弁済  ⑷ 供託  ⑸ 相殺
 Ⅲ 民法と企業法務

第7章 物権法⑵―担保物権法
 Ⅰ 担保物権法の概観
  1 担保物権の意義と性質
   ⑴ 意義  ⑵ 法的性質  ⑶ 担保物権の種類
  2 担保物権の機能と担保物権法の位置づけ
 Ⅱ 担保物権法の重点学習
  1 約定担保物権
   ⑴ 抵当権  ⑵ 質権
  2 法定担保物権
   ⑴ 留置権  ⑵ 先取特権
  3 非典型担保

第8章 親 族 法
 Ⅰ 家族法の意義と位置づけ
 Ⅱ 親族法の概観
  1 親族法の内容
  2 親族の概念
   ⑴ 親族と親等  ⑵ 血族と姻族
 Ⅲ 親族法の重点学習
  1 婚  姻
   ⑴ 婚姻の成立  ⑵ 夫婦の氏  ⑶ 夫婦財産制  ⑷ 日常家事債務の連帯責任  ⑸ 夫婦間の契約  ⑹ 婚約と内縁
  2 離  婚
   ⑴ 離婚の手続  ⑵ 財産分与
  3 親子と養子
   ⑴ 親子  ⑵ 養子
  4 親権・後見・保佐・補助
   ⑴ 概説  ⑵ 親権  ⑶ 後見と保佐と補助

第9章 相 続 法
 Ⅰ 相続法の概観
  1 相続のしくみ
   ⑴ 相続による権利・義務の承継  ⑵ 遺言相続と法定相続  ⑶ 相続の効力
 Ⅱ 相続法の重点学習
  1 法定相続
   ⑴ 法定相続人  ⑵ 法定相続分  ⑶ 指定相続分  ⑷ 相続人間の公平
  2 相続の放棄と承認
  3 遺産分割
  4 遺言相続
   ⑴ 遺言の方式  ⑵ 遺贈  ⑶ 遺言の撤回  ⑷ 遺留分
  5 財産分離
  6 相続人の不存在

第10章 学習アドバイス
 Ⅰ 幕を下ろす前に
 Ⅱ 初級者のための民法学習アドバイス
  1 学習方法
   ⑴ 法律学は理解の学問  ⑵ 関係図を作ること
  2 経済学・商学を専門とする読者へ
  3 文学や語学,言語学を専門とする読者へ
  4 理学や工学を学ぶ読者へ
  5 医学を学ぶ読者へ
  6 判例と学説
   ⑴ 判例  ⑵ 学説  ⑶ 条文からの出発
  7 初級者のための文献案内
   ⑴ 全体把握のための入門書  ⑵ 標準的民法テキスト  ⑶ 補助教材
 Ⅲ 中級者のための民法学習アドバイス
  1 民法学習のノウハウ
   ⑴ 相手の立場に立って物事を考えよ  ⑵ 一刀両断にできる価値基準はない  ⑶ 「利益較量(衡量)」は最後の手段
  2 裁判制度と判例
  3 中級者のための文献案内
  4 上級者をめざす人のために
   ⑴ 法解釈の出発点としての制度趣旨の理解  ⑵ 社会変化と民法の解釈  ⑶ 法を扱う者として
  5 上級者をめざす人のための文献案内
 Ⅳ 結びにかえて

 事項索引・Key word 索引

同じジャンルの商品

SHOPPING ご注文

2,400円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

  • facebook

  • 税経通信定期購読

  • 自費出版

  • 税務経理協会のスマートフォン学習アプリ

  • 「経理・財務」研究学会

  • 実践簿記入門

  • febe

  • 出版梓会

  • タックスゲート

  • マーケティングビジネス実務検定

  • 会計ファイナンシャル検定

  • 貿易実務検定