基本を押さえて調査対応力を高める重加算税の実務入門

著者 田口 渉
ジャンル 単行本 > 税法・税務 > その他
出版年月日 2017/08/31
ISBN 9784419064211
Cコード 3032
判型・ページ数 A5・240ページ
定価 本体2,500円+税
調査官から頻繁になされる「重加」の指摘に動じない基礎対応力の養成。税目ごとに裁決例を整理し「隠蔽・仮装」と判断されるポイントを探る。

Ⅰ 重加算税の制度の概要
 1制度の趣旨
 2国税通則法の制定に関する答申(税制調査会昭和36年7月5日公表)
 3二重処罰との関係
Ⅱ 重加算税の賦課要件
 1賦課要件
 2故意の点/「隠ぺい・仮装」の整理
 3行為の整理
 4行為の主体
 5「偽りその他不正の行為」との関係
Ⅲ 実務と重加算税
 1納税者と重加算税
 2所得課税における重加算税
  ・収益、益金の税務処理と重加算税
  ・必要経費、損金の税務処理と重加算税
  ※消費税、源泉所得税については適宜触れる。
 3資産課税における重加算税
  ・突発的な申告義務
 4実務上の論点の整理
  ・事前の対策
  ・税務調査での対策
   →指摘を受けた場合の対応策
   →意見書
   →一筆重加の問題点
   →理由附記との問題点
Ⅳ 平成28年度税制改正における加算税制度の改正
  ・加算税制度の見直し
Ⅴ まとめ

SHOPPING ご注文

2,500円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

  • facebook

  • 税経通信定期購読

  • 自費出版

  • 税務経理協会のスマートフォン学習アプリ

  • 「経理・財務」研究学会

  • 実践簿記入門

  • febe

  • 出版梓会

  • タックスゲート

  • マーケティングビジネス実務検定

  • 会計ファイナンシャル検定

  • 貿易実務検定