リレーションシップ・バンキングの経済分析

著者 滝川 好夫
ジャンル 単行本 > 経済学 > 証券・金融・銀行論
出版年月日 2007/02/01
ISBN 9784419048648
Cコード 2033
判型・ページ数 A5・276ページ
定価 本体3,800円+税
メガバンクの誕生と郵政民営化は、日本の銀行の経営戦略につき、多大な影響をもたらすことになる。「リレバン」の経済理論を体系化・整理し、今後の中小地域金融機関の展望を試みる。

同じジャンルの商品

SHOPPING ご注文

3,800円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

  • facebook

  • 税経通信定期購読

  • 自費出版

  • 税務経理協会のスマートフォン学習アプリ

  • 「経理・財務」研究学会

  • 実践簿記入門

  • febe

  • 出版梓会

  • タックスゲート

  • マーケティングビジネス実務検定

  • 会計ファイナンシャル検定

  • 貿易実務検定